なるべく残業しない開発チーム 前編

初の投稿になります。

野口です。
開発チームでマネージャーをやっています。

少人数なので何でもやります。
毎日コードも書きます。

さて、今日は僕達のモットーでもある「なるべく働かない」について開発チーム視点から書いていきたいと思います。
結構長くなりそうなので、前半・後半でお届けしたいと思います。

なるべく働かないってやる気あんのか?

やる気はあります!!!!

これは働かないという事でなくて、な・る・べ・く働かない事です。

ざっくり説明ですが、世の中便利なツールやソフトウェアがたくさん出ているので、可能な限りそういう便利なツールを使って働かないようにしましょうとか、効率的に仕事して早く帰って家族との時間や自分への投資に使いましょうという事です。

残業について

タイトルにもありますように、なるべく働かないを実現する為にはなるべく残業しない事が大前提となります。

僕達の共通認識として、「残業カッコ悪い」という意識があります。
もちろん、場合によってはサーバーのアラートがあがれば残業もしますし、発生自体が悪いとかダメって話しではありません。
ただ、日々の業務において残業はしないほうがカッコイイと思っています!

ここからは残業をしないように取り組んでいる事を具体的に書いていこうと思います。

○○専門エンジニアは作らない

サーバーサイドのプログラムだけ書きますとか、保守運用だけしますとか、僕たちはまだ立ち上げ期なので、そういうポジションは作っていません。

サーバーサイドのプログラム書くエンジニアがAWSでインスタンス立てて、自分で設定や保守運用もしますし、フロントエンドも書きます。
あとは、デザインしつつフロントエンドのコードも書いて、プロダクトオーナーもやります。とか、とにかく全メンバーが何でも横断的に仕事しています。

なぜ専門エンジニアは作らないか?
一番はコミュニケーションコストの削減のためです。

サーバー設定依頼とか、コードの修正依頼とか、まだ人数の少ない僕達のチームにおいては作業分担してそういった調整ごとをやるよりも、気づいた人が「実装しときました〜」とか「改修やりました〜」といった仕事の進め方のほうが速いしみんなハッピーになると思ってます。

バズワードっぽくて書くのが少し恥ずかしいですが、Dev/Opsと言われてもう何年も経ってると思います。ソフトウェアエンジニアがサーバーのセットアップするのは当たり前ですし、フロントエンドにしても、いわゆる今風なJSの開発環境はみんな一通りキャッチアップしてやってます。

また、PHP書けます!、Ruby書けます!といったシングルスキルのエンジニアはこの先生き残りが厳しいと思っています。
僕達がエンジニアとして生き残る為にも幅広い経験を積むことを良しとしています。
そしてその結果が効率的に仕事をして残業しない一助になっています。

タスクの見える化

誰が何やってるか?を常に分かるようにしています。

日次のKPT

毎日SlackでKPT方式で今日何やったか?をシェアしています。

・KEEP
良かったこととか今日やった事とか

・PROBLEM
困ったこととか上手く進んでいないこと

・TRY
明日とか近い日程でやること、やりたい事

別に真面目な話しばかりで無くても大丈夫です。

一例

・KEEP
CSV用SQL作成

・PROBLEM
昨日行ったキャバクラが高かった

・TRY
本番反映
飲んでも飲まれない

とか、このくらいライトな時も全然あります。
ただでさえ黙々と過ごす事が多いので、今どういうモチベーションでどういう事考えてるのか?
これが分かるようにしています。

実例
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-18-41-15

この日はトイレが空いてなくてウンコが漏れそうな日でした。

要は下らない事でも何でも良いのでマインドの共有が大事です。
マイクロマネージメントや細かく情報共有をルール化するよりも、こうやってどうでも良い事でも共有し合っていれば自然とコミュニケーションが生まれてきます。

週次のKPTとスプリント開始と振り返りMTG

毎週月曜日に先週の振り返りと今週の展望をシェアしています。
これも日次のスタンスとほとんど同じで、KPT方式でゲスなプライベートネタも含めて言いたいことがある人はこの場でシェアしたりしています。

日次との大きな違いはスクラムにおけるスプリントを1週間単位で区切っているので、それを振り返って何のタスクが終わらなかった、なぜ終わらなかった?をきちんとこの場で明確にしています。

プロジェクトの管理にはJIRAを採用していて
・今
・誰が
・何のタスクを
・どういうステータスで対応しているのか?
・今週どうするのか?

これを週次のミーティングで必ず認識合わせするようにしています。

実際のJIRAのカンバンの様子

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-18-47-07

このボードは随時更新していて、開発→プルリクエストを出すとカードも連動して動くよになっています。

とにかく何でも見えるようにする事によって、問題があればすぐにみんなで対応出来ますし、複数人が関わる作業などにおいて、認識の違いや、「あの機能まだ出来ていないのかな?」といった疑問などが極力起き無いようにしています。
こちらもコミュニケーションの効率化の積み重ねによってなるべく残業しない一助になっているかと思っています。

そろそろ長くなってきましたのでこの先は後半に委ねたいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*