USB-TypeCで、地獄をみた話。

おはようございます。
タイガージェット・チンです。

今日のブログのテーマは、USB Type-Cです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、この「USB Type-C」は、非常に闇が深いです。

闇が深いという情報は得ていたんですが、
こういうのは落ち着くまでは「使わない」のが得策だと思って、しっかり調査していませんでした。

いま振り返ると、それが”地獄の始まり”でした……

typeC

いつものように、社内の誰よりも真面目かつ一生懸命に業務に打ち込んでいると、
「プロジェクターに映像が映らないんだけど、ちょっと見てもらってもいい?」
エライ人から声を掛けられました。

入出力端子を間違えてるとか、接触不良とかかなーって軽い気持ちとともに、
導かれた会議室に入りました。

そこにいたのは、超エライ人が3人。
しかもそのうち二人は外国の方。
ちょっとまって。おれ、パーカーだよ?
ジャケットすら着てないよ? 靴、ナイキだよ?

雰囲気もガチだし、まじやばいって…
このへんで、もうちょっと汗かいてました。
そして「これなんだけど…」と見せられたものは

 

_人人人人人人人人_
>          <
>   USB Type-c  <
>          <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい

このとき初めてmac book Proの新しいやつ使ってる方を見ました。
スペースグレイかっこいい!!

てか、ほんとに USB Type-C しかないんだ!!

しかもプロジェクターへの結線は、

macbook pro(2016) USB Type-C
– USB-c Disital AV Multiportアダプタ(たぶん)<HDMIでout>
– HDMI-VGAアダプタ<VGAでout>
– プロジェクター

 

完全にゲームオーバー……

Type-Cの知識ないし、切り分けするのにも時間かかるのは明白だったので、

(1) ファイルをコピーして、プロジェクターとの動作確認がとれている別のPCで流す
(2) プロジェクターを使わずモニターでそのまま流す

この2つを提案して、無事に?切り抜けました。

USB Type-Cのお話

そのとき出来た対応としては最善だったと思うのですが、
やはり、ある程度は勉強しておかないと、痛い目を見るときがありそうだなと思ったので、
簡単ですが記事として残します。

USB Type-Cとは

USBの新しい規格。2016年発売されたMac book Proは、もうこの端子しか付いていません。
上下や裏表の区別がなく、どんな向きでも差し込み可能です。
モニターやグラフィックボードへの接続だけでなく、ALTモードの使用で様々な信号や電源供給(最大100W)も可能という優れもの。
一見すると、最強の端子です。

ALT(オルタネートモード)

……ヤバそうな名前が出てきましたね。
type-Cは、USB以外のDP(Displayport)やMHL(HDMI)、thunderbolt3の信号を別規格として流すことができます。
別規格として流すので、DPとして繋げると、速度もUSBではなくDPになります。
一見すると、これも最強の機能です。

しかし、このオルタネートモードは、

・出力側のtype-Cがオルタネートモードに対応している必要がある。
・使用するtype-Cケーブルがオルタネートモードに対応 (E-Markerが搭載されている)している必要がある。

まぁ制約があるのは、いいでしょう。
高性能なものにはつきものです。

しかし。

自分の使いたいType-Cが、
どれにどう対応しているのかを見分ける方法はほぼありません。

は????

と、思いますよね? 僕もそう思います。

でも、こんなのまだまだ「地獄の序章」にすぎません。
オルタネートモードに対応しているかどうかもそうですが、
USB Type-Cは、全く同じ形で、実はものすごい種類があります。

例えば、

・USB type-C (thunderbolt3)
・USB type-C (USB3.1gen2/Altmode/USB Power Delivery )
・USB type-C (USB3.1gen2/Altmode)
・USB type-C (USB3.1gen2/USB Power Delivery)
・USB type-C (USB3.1gen2)
・USB type-C (USB3.1gen1/Altmode/USB Power Delivery )
・USB type-C (USB3.1gen1/Altmode)
・USB type-C (USB3.1gen1/USB Power Delivery)
・USB type-C (USB3.1gen1(=USB3.0))
・USB type-C (USB2.0)

これ、全部見た目は同じです。
もちろん見分ける方法は、ほぼありません。(ほとんどの機器本体やパッケージにはとくに記載がない)

見た目が同じだからって、接続しても規格が違うのを接続すると
正しく動作しません。(速度が遅かったり、最悪信号そのものを流せない)

ね? キレそうでしょ?

さらに利用するケーブルそのものにも規格があります。
もちろん見た目は同じです。

・thunderbolt3 Active 40Gbps
・thunderbolt3 Passive 40Gbps
・thunderbolt3 Passive 20Gbps
・USB3.1gen2/Altmode/USB Power Delivery
・USB3.1gen2/Altmode
・USB3.1gen2/USB Power Delivery
・USB3.1gen2
・USB3.1gen1/Altmode/USB Power Delivery
・USB3.1gen1/Altmode
・USB3.1gen1/USB Power Delivery
・USB3.1gen1(=USB3.0)
・USB2.0

40Gbps対応しているものがActiveケーブルだと誤解されやすいですが (僕もそう思ってました)
調べたところ、ActiveとPassiveの違いは「信号を補正したり増幅したりする機能」を持っているかどうかのようです。

信号増幅・補正の機能を持っているケーブルがActiveケーブルです。

こちらの記事を参考にさせていただきました。
http://hanpenblog.com/3508/

接続して正しく流すというだけでなく、速度とかも考え始めると
けっこうシビアになってきますね。アダプタとかを挟みはじめるとカオスです。

しっかり調べて動作確認済みの構成・結線で組む必要がありそうです。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. mitsuki より:

    ブログ拝見しました。
    私の場合、通信機器ではSIMフリースマホのNexus5X が唯一TYPE-C搭載で、以前使用していたNexus5と同様に外部ディスプレイへの有線接続が可能と勝手に思っていました。

    ところが、Amazon 等で販売しているTYPE-CのHDMI変換機器を繋いでも全く映りません。
    よくよく調べてみると、出力側の端末機がDisplayPort Alt Modeに対応していないと駄目でNexus5Xは非対応とのことでした。(念の為、Googleサポートに問い合わせましたが同様の回答でした)

    ただ、スマホの場合、レアケースかと思いますが、メーカーでは非対応(非公認)と言っておきながら実は使えるというものがあったりします。

    AmazonのカスタマーレビューではNexus5Xでも使用できるというHDMI変換ケーブルが一つだけありました。↓

    https://www.amazon.co.jp/UEB-MHL-HDMI%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-1080P-HDTV%E5%AF%BE%E5%BF%9C-%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AA%E3%81%A9%E5%AF%BE%E5%BF%9C-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B018DUA83C

    現在在庫切れの為入手できず確認できませんが、実際に使用可能なら自分にとっては間違いなく神器になります。

    1. タイガージェット・チン より:

      ブログをご覧いただき、ありがとうございます!
      type-c、見た目だけでは仕様や動作まで判断できないのが難しいですよね。

      ケーブルの情報もありがとうございます!!

      メーカーから公式情報はなかなか出てこないので、ご紹介いただいたamazonレビューのような動作検証のコメントや記事が増えてくるといいですね。

      このブログでも機会あれば、動作検証やレビューなどもやっていければと思っておりますので、是非今後とも宜しくお願い致します!

      1. mitsuki より:

        その後、Amazonの他の出品者で、最初のリンク先にある商品と全く同じ写真で在庫がある店を発見したので、早速購入をして本日手持ちのNexus5Xと外部ディスプレイに繋いだところ、全く映りませんでしたorz

        初期不良も疑いましたが、USB A側に電源プラグを接続してみたら充電は問題なくできるので断線等は考え難いです。

        どうやらガセだったようです…

        幸い購入先がAmazonからの発送だったので、そのままAmazonへ返品手続き出来ましたが、レビューを鵜呑みにしてはいけない事を勉強させていただきました(苦笑)

コメントを残す

*